ダイエットにお悩みの方の中でもお腹周りの脂肪を落としたいという方がたくさんいらっしゃいます。

お腹痩せのためのトレーニングは数々ありますが、その中でも今回はインナーマッスルのトレーニングついて解説します。

インナーマッスルって耳にしたことはあっても、実際にどこの筋肉がインナーマッスルで、何をすれば鍛えられるのかわかりませんよね!

スポーツをする方にとって重要なインナーマッスルですが、ダイエットにとってもかなり重要です!

そんなインナーマッスルを効果的な鍛えて綺麗な腹筋を目指しましょう!



インナーマッスルとは?

そもそもインナーマッスルとはどこの筋肉を指すのか?

インナーマッスルとは、体の内部にある筋肉のことを言います。

深層筋という言い方もありますが、体の内部に位置し、内臓や関節を支える役割があります。

『体幹』という言葉を用いることも多いですが、体幹もインナーマッスルのことを指します!

しかし体幹というのは体の胴体部分だけのことですので、インナーマッスル=体幹というわけでもありません。

ただ今回ご紹介するのはお腹周りのダイエットに関してですので、いわゆる体幹トレーニングについてということになりますね!

インナーマッスルの働き

インナーマッスルには様々な働きがあります!

その働きを知っていればより効果的なインナーマッスルのトレーニングができますのでぜひ知っておきましょう!

内臓や関節の安定

先ほども少しありましたが、インナーマッスルの筋肉は内臓や関節を支えて安定させるという役割があります。

体の内部にある内臓や骨にももちろん重力がかかりますので、落ちないように支えているのがインナーマッスルというわけです!

お腹周りのインナーマッスルが弱い人は、内臓や骨盤を支える力が弱く垂れ下がってしまうので下っ腹がポッコリしてしまいます!

インナーマッスルを鍛えることでこのポッコリお腹を抑えることができます!

姿勢を保持する

インナーマッスルそれぞれに姿勢を保持する役割があります。

肩のインナーマッスルは肩を後ろに開いて胸を張り背筋をまっすぐにする役割があり、股関節のインナーマッスルは歩行運動を安定させる役割があります。

いい姿勢というのは重力に逆らうということですので、インナーマッスルを鍛えることでいい姿勢になりいい姿勢を保つことはインナーマッスルのトレーニングになるということなのです!

ダイエット効果のあるインナーマッスルの鍛え方

インナーマッスルを鍛えることは姿勢を保持させ運動を安定させるとお伝えしましたが、運動を安定させることはうまく筋肉を使えるということですので、姿勢が悪い人に比べて筋肉が発達しやすくなります!

筋肉が多いとエネルギーをたくさん使いますので、普段から姿勢がいい人は太りにくく痩せやすいという傾向があります。

そこで、綺麗なお腹周りを作るためにダイエット効果のあるインナーマッスルの鍛え方について解説します!

中でもお腹痩せ効果のあるインナーマッスルで、体幹と言われているお腹痩せ効果に大切な4つの筋肉があります。

その4つのインナーマッスルと鍛え方についてご覧ください!

①横隔膜(おうかくまく)の鍛え方

横隔膜は意外と耳にすると思いますが、体幹と言われているインナーマッスルのうちの1つです。

横隔膜は呼吸をするときに動く筋肉で、肋骨の動きや腰の動き、骨盤の動きまでにも影響を与えています。

歳をとると肋骨が広がり胴体が太くなる方がいますが、それは横隔膜の動きが弱くなり肋骨を動かす機能が下がってしまうため、外に広がってしまいます。

その横隔膜をトレーニングすることは見た目を太くしないためや、各機能を効率よく動かすために必要なのです!

そんな横隔膜のトレーニングについて動画をご覧ください!

⬇︎横隔膜のトレーニング⬇︎

②腹横筋(ふくおうきん)の鍛え方

腹横筋はお腹の中の一番深い位置にある筋肉で、コルセットを巻きつけるようについている筋肉です。

実際にコルセットを巻くような作用があり、お腹を横方向に固めて安定させる作用があります。

この筋肉はお腹を正面から内側にへこませる筋肉ですので、鍛えることで下っ腹が出ないようにすることができます!

⬇︎腹横筋のトレーニング⬇︎

③多裂筋(たれつきん)の鍛え方

多裂筋はお尻の筋肉と連結しており、背骨から骨盤に対して斜めについている筋肉です。

多裂筋の働きとしては、腰を反ったり、ねじったり、側屈したりするときに働く筋肉です。

多裂筋を鍛えることで、お尻の筋肉の動きも良くなりますのでヒップアップトレーニングを効率よくしてくれます。

また、ねじったり側屈したりと、腹斜筋の筋力アップにもサポートしてくれる筋肉であります。

多裂筋は骨盤周りの動きを安定させて動きをスムーズにする傍ら、多裂筋が弱いと腰痛になりやすく非常に痛みを感じやすいです。

痛みを感じると筋肉も動きをセーブしようとしますので、腰痛になることでさらに筋肉も衰えてしまいます!

そこで多裂筋を鍛えること腰痛改善もでき、かつ骨盤の動きを安定させるためお腹の側面やお尻の筋肉の動作をスムーズにしてくれます。

⬇︎多裂筋のトレーニング⬇︎

④骨盤底筋(こつばんていきん)の鍛え方

骨盤底筋は骨盤の下にある筋肉で、骨盤周りを支える筋肉です。

骨盤を前後左右に動かす時などに使われる筋肉です。

また、お尻を閉める時などにも連動して働くため、骨盤底筋が弱くなると尿もれの原因にもなってしまいます。

骨盤の動きがスムーズになれば他のインナーマッスルや腹筋などの動きもスムーズになるため、骨盤底筋はダイエットにおいても非常に重要な役割があるインナーマッスルと言えます。

⬇︎骨盤底筋のトレーニング⬇︎

インナーマッスルを鍛えるのに効果的なサポートアイテム

こちらはタレントのヒロミさんがプロデュースしたVアップシェイパーというアイテムです!

なぜこれがおすすめなのかというと、Vアップシェイパーをつけることでインナーマッスルの動きを意識できるからです!

先ほどご紹介しましたインナーマッスルのトレーニングは、インナーマッスルを動かす意識を自分で行い、トレーニング時しか効果を発揮できませんが、Vアップシェイパーをつけることによって自然体でもインナーマッスルの動きを感じられ、普通にトレーニングを行うだけよりも短期間でお腹周りのダイエットができてしまいます。

詳しくは公式ホームページをご覧ください!
ヒロミ監修のVアップシェイパーの秘密はこちら

まとめ

インナーマッスルは直接大きな動作をするわけではなく、小さい動作で安定サポートといったような役割を果たします。

お腹周りのダイエットといえばがむしゃらに腹筋を行ったりしがちですが、まずはインナーマッスルを鍛えることでその他様々な筋肉の動作をサポートしてくれるので、日常生活だけでも筋肉全体の動きが変わってきます。

むずかしい動作はなく誰でもできるトレーニングですので、ぜひこれからインナーマッスルのトレーニングを始めてみましょう!