View this post on Instagram

 

金子 賢さん(@kenken1019)がシェアした投稿

今回は金子賢さんです。

金子賢さんは俳優でありながら、格闘技やベストボディに出場したりとマルチに活動しています。

ご自身のブログでも、ダイエット企画やオススメの運動方法などを紹介しており、男性でも女性でもかっこいいカラダを目指したい方には是非真似していただきたいと思います!

さて、金子賢さんのボディはどのようにしてつくられたのか?

金子賢のダイエット方法

まずは金子賢さんのダイエット前後の写真を比較してみましょう!

ダイエット前の写真がこちら!

脂肪がついてるとはいえ、いいカラダには変わりありません。

一般的にはこのままでも全く問題なさそうですが、ここからさらにダイエットが始まると!

1週間ごとの写真です!

トータル2週間でここまでカラダをつくることができるんですね!
(真ん中の写真はカツラかな・・・)

ではいったいどうやって2週間で変化したのか?

金子賢の食事ダイエット

金子賢さんの食事内容が紹介されていました。

朝はバナナ1本
朝バナナダイエットという方法がありますが、普段の朝食の代わりにバナナを食べることでカロリーを抑えることができます。

昼は卵白身、ササミサラダ、ミートローフ、豚ヒレサラダ
食べる量としてはそこそこあるのでお腹は膨れます。
しかしその内容はかなり低カロリーで低糖質!

間食にプロテインと干し芋
小腹がすいたら食べる間食としてもいいですが、トレーニングの後などに食べると効果的です。
必ずしもトレーニング後でないといけないわけではありません。

夕食 フグサラダ、胸肉のサラダチキン
ザ・トレーニング食と言っても過言ではないかと思うほど、高たんぱく低カロリーです。
これを続けようとなるとかなり気力が必要です!

間食 干し芋
寝るまでの間の間食です。
小腹がすいたら干し芋というのを徹底するとよさそうですね!

毎日同じ食事を続けることで、栄養のバランスが取りやすくカロリーの管理もしやすくなります。

そして間食の干し芋ですが、低GI値の食材ですので摂取しても脂肪になりにくいのが特徴です。

金子賢さんのメニューでは高たんぱく低カロリーでかなりストイックな食事ですが、もし同じダイエット方法を行なう場合には、少し食事内容は違っていても大丈夫です!

例えば、昼食のように低カロリーであれば、夕食も同じぐらいの量を食べてもダイエットは可能です!

ただ、金子賢さんバリのカラダを2週間で目指すのであれば、全く同じで挑戦してみてもいいでしょう!

継続すること

金子賢さんが言うには、ダイエットに慣れていない状態でダイエットを始めるから苦しいそうです。

なので最初は誰でも苦しく、そこを1週間~2週間耐えるとカラダは必ず慣れてきます。

特に金子賢さんの食事内容のように、今までの食事方法とガラッと変えると、習慣化されていないことにカラダはびっくりするので少しずつ習慣化していきましょう!

どれだけ食べてもいい日をつくる

低カロリーにカラダが慣れてくると、停滞期という痩せなくなる時期がきます。

そこで、どれだけ食べてもいい日というのを必ず設けます。

例えば、月~土は高たんぱく低カロリーで、日曜日のみいくらでも食べる!

とはいえ、カラダが慣れてきてからの話なので、最初の1~2週間はがむしゃらにがんばりましょう!

ちなみに金子賢さんは、起きてから19時までの間に2000kcalまでと決めているようです。

金子賢の筋トレダイエット

トレーニングは主にゴールドジムに行って行なっているようです。

もし金子賢さんと同じトレーニングを行なうならば、ジムに行かないと難しいでしょう!

実際に行なっている種目も多いので、金子賢さんと同じゴールドジムで『金子賢みたいなカラダになりたい』と言えば、それに適したメニューを組んでもらえます。

ジムに行く時間がない方で、ダイエットだけの目的であるなら食事制限のみでも十分効果があります!

金子賢おすすめサプリメント

金子賢さん自身がプロデュースしたサプリメント『鍛神』

画像はドンキホーテで販売されているものです!

プロテインやBCAAなど、トレーニングとの相乗効果の高いサプリメントを開発し、自身でも飲まれているようです。

金子賢さんのようにかっこいいカラダを目指したい方は是非購入してみて下さい!
⇨プロテインについてはこちらの記事も

まとめ

ベストボディの大会に出場される金子賢さんですのでもちろんかなりハードなトレーニングを行なっていますが、今回はダイエット方法ということですのでトレーニングについては深く記載していません。

食事方法は、普段あまり運動できない方でもオススメできる方法ですので、是非一度お試し下さい。

ポイントは間食だと思います。

食事ダイエットを始めてすぐは絶対にお腹がすいて我慢できなくなってしまう時がきます。

そんな時に干し芋みたいなGI値の低いものやプロテインを取ることで、間食しても脂肪がつきにくくお腹が満たされます!

GI値の低いもので他にもこんにゃくゼリーなどがオススメです。

必ず結果はついてくる方法ですので、一度チャレンジしてみましょう!