皆さんは、食事をするときどのように食べていますか?

食べ方なんてあまり意識せずに食べている方も多いと思いますが、なんと食べる順番だけでダイエットができるというのです!

しかも、食べる物、食べる量はいつもと同じでOK!

カロリーを特に気にせずダイエットできるのです。

さて、その方法とは?

食べる順番ダイエットの効果

脂肪が減るという効果ですが、なぜ脂肪が減るのか?

食べる順番を意識するだけで脂肪がつきにくくなるという理由が存在します!

その様々な理由をご紹介します。

食べすぎを抑える

食べる順番ダイエットでは、食べすぎを抑えることができます。

順番ややり方については後ほど解説しますが、その順番通り食べることで満足感が得られます。

理由としては、その順番を守ることで胃を膨張させることができ、非常に満腹感を得られるので食べ過ぎることがなくなります。

普段と同じものを食べていてもすぐにお腹いっぱいになるので食べ過ぎることがなくなります。

吸収率を抑える

食べる順番ダイエットでは、食事の吸収率を抑えてくれます。

後ほどご紹介する食べる順番によって吸収スピードを抑えてくれるので、すぐに脂肪とならずエネルギーとして使ってくれやすくなります。

ですので太りにくく、逆に痩せやすくなるということです。

食べる順番ダイエットの正しいやり方

食べる順番ダイエットの正しいやり方について解説します。

この順番を守るだけで脂肪がつきにくくなります。

どのような順番で食べるのか?

①汁物から食べてお腹を膨らませる

汁物はお腹を膨らませます。

ですので食べ過ぎ防止のためにも一番最初に食べます。

1品ごとに間食することがベストですので、ここで飲みきってしまいます!

また、味噌汁などの具は食べないようにするのがいいです。

あくまで汁物のみですので、あまり気が進まない方は具なしのスープにするといいでしょう!

②食物繊維豊富な野菜を食べる

次に食物繊維が豊富な野菜を食べます。

煮物やお浸しなどでもOKです!

食物繊維の働きは、血糖値の上昇を抑え、脂肪の吸収を抑えてくれます。

また、食物繊維にも満腹感を与えてくれる効果もありますので、最初の方に食べるというのが効果的です。

③たんぱく質を食べる

次にたんぱく質です。

メインディッシュであることが多いと思いますが、ここで重要なのがご飯と一緒に食べないこと!

あくまでたんぱく質だけを摂りたいので、おかずのみで食べきるようにしましょう!

④炭水化物

最後に炭水化物です。

ご飯やパン、パスタ、そばなどは最後に食べましょう。

1品食べが大事ですので、おかずと一緒に食べないように、炭水化物だけを食べること!

デザートなどの甘いものも最後に食べましょう!

ただし、デザートといっても食物繊維が豊富なフルーツは野菜などと同じ2番目に食べるものに分類されますので、あまり具沢山なデザートは控えるようにするといいでしょう!

まとめ

食べる順番ダイエットで気をつけないといけないのは1品ごとに完食しないといけないこと!

ですので具沢山な食品は、食べる順番ダイエットには向いていないと言えます!

例えば、丼物やカレーやシチューなど。

あくまで順番は①汁物、②食物繊維、③たんぱく質、④炭水化物という分類になりますので、混ざったものを食べると順番がくるってしまいます。

少しやりにくいと感じるかもしれませんが、確実に痩せる方法ですので一度試してみてはいかがでしょうか!