運動が苦手、だけど少しでも運動をしたいという方!

ウォーキングを実施してみませんか?

「ウォーキングは痩せない」という意見もありますが、「やり方を守ること」「しっかり継続」さえすれば痩せるのです!

そこで今回は、ウォーキングのカロリーの消費量と正しいやり方についてご紹介します。




ウォーキングの消費カロリー

有酸素運動を行う場合のポイントとして、強度を大きくするよりもゆるく時間をかけることが大切です!

もちろん強度が高くて時間をかけられるのであればいいのですが、体力に自信がない方はできないですよね!

しかしウォーキングであれば少し長い時間なら歩けるでしょう。

では、どれぐらい歩けばどれぐらいのカロリーが消費するのかご紹介します。

普通の速度で1時間歩いた場合

通常の速度で1時間歩いた場合は約180kcal~220kcalぐらいのカロリーが消費されます。

お茶碗1杯分のご飯ぐらいです。
※ちなみに180kcal~220kcalと幅をつけたのは、体重や速度に個人差があるためです。

有酸素運動で脂肪燃焼につながる時間の効果は20分以上ですが、1時間でお茶碗1杯分のごはんですので、20分~30分ぐらいのウォーキングだと少し少ないです。

「60分歩くのが長い」と感じる方は、30分のウォーキングを2回行っても脂肪燃焼効果はほぼ同じです。

ご自身の生活環境などに合わせて行ってみましょう。

早歩きで1時間歩いた場合

早歩きで1時間歩いた場合は約280kcal~320kcalぐらいのカロリーが消費されます。

少し慣れた方は早歩きで行うと、通常の速度で歩くより100kcal程消費カロリーは増えます!

少し速度を上げるだけでも消費カロリーは増えますが脚への負荷もその分かかってきますので、ご自身の体力と相談しながら行うようにしましょう!

カロリー消費量を考えたウォーキングダイエット

カロリー消費量が分かったところで、おすすめのウォーキングダイエットのやり方についてご紹介します。

単純に歩くだけでもカロリーは消費しますが、もう一工夫加えることでさらに効果的なダイエットが可能になります!

夜だけお茶碗1杯のご飯なし

通常の速度で1時間歩いたとすると約180kcal~220kcalぐらいのカロリーが消費されます。

+α夕食のときだけお茶碗1杯のご飯を抜くだけで、何もしていないときと比べると約400kcal程カロリーを減らすことができます。

400kcalというと、1時間ジョギングするぐらいの消費カロリーと同等です!

また、夜は脂肪を蓄えやすいのでご飯1杯減らすことが結構大きな成果につながるのです。

気をつけないといけないのが、朝や昼に食事を減らしてしまうと1日の活動に支障が出てしまい、ウォーキングすらもままならなくなってしまいます。

ご飯を減らすなら夕食のみにしましょう!

簡単な筋トレ後にウォーキング

ウォーキングする前に簡単な筋トレを少し行うだけで脂肪燃焼の効率が良くなります!

できる範囲の簡単なもので大丈夫ですので、少し筋肉に刺激をあたえてあげるようにしましょう。

あまりやりすぎるとウォーキングがしんどくなりますので気をつけて下さい。

スムーズに歩くために

運動初心者はたとえ歩くだけとはいえ足に負担がかかり、疲労が蓄積されます。

特に歩き方が悪い方は、数日続けると足に痛みが出てくる場合があることも・・・

そんな時におすすめなのがインソールです!

靴の中にインソールを入れることで、正しく重心がかかるようにサポートしてくれます。

自分の足にあったものを作ることもでき、靴に入れて歩くと歩きやすさが断然違います!

これからウォーキングを始めようと思ってる方や、すでにウォーキングをして少し足に痛みがある方は一度「インソール」について調べてみて下さい!
疲れにくい歩き方をサポートする補整インソール

まとめ

ウォーキングについてご紹介しましたがいかがでしょうか?

運動としてのハードルが低い分痩せないんじゃないかと思われがちですが、少しの工夫でしっかりとダイエットすることはできます。

体力に自信がない方、これからダイエットを始めようと思っている方は是非、ウォーキングを行ってみて下さい!